ブログ

毛嚢炎について

 

 

毛嚢炎とは、ブドウ球菌、緑膿菌が皮膚に感染してしまう皮膚病のことです。
普段も私たちの肌に存在している菌ですが
毛嚢炎を引き起こしてしまう原因となります。

汗をかいたとき、生理の時、毛穴が傷ついたり
食生活の偏りなどがあげられます!

汗をかいたり、生理の時などは
皮膚が湿った状態になります。

菌は高温多湿の環境で最も感染します。

なので、夏場に毛嚢炎になってしまう方も多く
ご来店されるお客様の中でも
ヘソ下、ベルトのあたりが蒸れて汗をかき
毛嚢炎になってしまう方が多くみられます。

毛嚢炎は初期の段階では
湿疹のような赤いブツブツができ
かゆみ、痛みはほとんどありません。

ワックス脱毛後は、毛穴が開いていて傷つきやすくなっています。

毛穴の赤み、腫れは2、3日すると自然に引いてきますが
アフターケアをきちんと行わないと
毛穴が炎症をおこしてしまい、毛嚢炎になる場合もあります。

当店では、ワックス脱毛後アフターケアの説明を
しっかり行っているので安心してご来店頂けます!

アフターケアさえしっかり行っていれば
毛穴の炎症、毛嚢炎を引き起こすこともなく
ツルスベ肌で過ごすことができます♪♪

特にこれから暖かくなってきて汗をかきやすい時期は
毛嚢炎になりやすいのでしっかりアフターケアを行いましょう^^

ブラジリアンワックス脱毛サロンLula横浜店
0456205315