HIFU

ハイフとは

  •                           

    HIFUとは高密度焦点式超音波施術法(High Intensity Focused Ultrasound)の略で、 超音波を一点に集めて加熱することで肌を引き締めてリフトアップする施術法です。  LULAで取り入れている機械は、密に隙間なく降雨率的に施術出来ます。ほかの機器とは違い筋膜と呼ばれる深い層にまで対応ができるのが特徴です。 3種類のカートリッジを使用して真皮層~筋膜まで働きかけて効果的に照射していきます。

ハイフの効果

3種のカートリッジを使ってお顔のしわやたるみが気になる方を対象に、お顔全体の輪郭を引き上げお肌のリフトアップと引き締め効果を実感していただく施術となります。 効果には個人差がありますが、施術直後から変化を感じる方も多いです。1か月ほど効果が持続しますので、1か月に1度程継続的にケアしていただくのが理想的です。


  •                           
                                   
    • 1.5mm 真皮層の上層部に働きかけコラーゲンの再生と再構築が促されます。新しく生成されたコラーゲンは徐々に活性化され、お肌の内側から強化し、その弾力性を回復させます。
    •                                  
    • 3.0mm 真皮層の下層部に働きかけます。
    •  
    • 4.5mm 皮下筋肉膜層に働きかけます。熱エネルギーにより筋膜層の伸張が起こり、筋膜層の活性 化が促されます。その結果、お顔の皮膚の持ち上げと引き締めの効果が得られます。
    •                       
  •  

    ハイフ プロパー料金

    • スタンダードメニュー

      • 若い世代 や たるみの少ない方向け¥16,000
    • リッチメニュー

      • ミドル世代 や しっかり施術したい人向け¥20,000
      •  

Q&A

Q.

ハイフってよく聞くんですが、どのようなものですか?どんな効果がありますか?

ハイフは切らないリフトアップとも言われていて、超音波を照射して熱によって肌を内部から引き締め引き上げます。期待できる効果としては主に ・お顔全体のたるみ改善・シワや法令線の改善・肌のハリや弾力の改善などになります

Q.

痛みはありますか?

個人差はありますが、痛みの感じ方の例えとして、虫歯治療してる感じとか骨が動くような痛みに近いです。光脱毛のような弾く痛みや熱さではなく、鈍痛です。全部が痛いというより箇所によって響くところがある方が多いです

Q.

どれくらいで効果が出てどれくらい持ちますか?

直後から変化を感じる方が多いですが、2〜3日後から効果を感じる方もいらっしゃいます。最初は2週間〜1ヶ月位持続して、回数を重ねる事に効果が持続しやすくなっていきます。

Q.

何回くらい通えばいいですか?

年齢や個人差がありますが、20代ですと定着までに3〜6回位、30代〜50代で6回〜10回位です。年齢を重ねるごとに筋膜自体が弱まっていくので改善と定着に回数がかかってきます。ハイフはやった分だけ実感できる筋トレと同じような感じなので、メンテナンスで継続的ケアされる方が多いです

Q.

レーザーや他の治療受けた後でも当てれますか?

他の施術を受けた場合、基本的に1ヶ月間程度おくようお願いしてます。ヒアルロン酸やボトックス、糸リフト後でも定着する1ヶ月位期間空けていただいたら大丈夫です

    
Q.

医療ハイフと美容ハイフの違いはなんですか?

いちばんの違いは機械の出力の違いになります。医療の方が出力が高いので、その分痛みも効果も高くなります。持続期間は医療が半年〜1年程度、美容が1ヶ月前後と短くなりますが、その分痛みや金額の負担も少なくなります。美容は効果がないと思っている方もいますが、アプローチする場所は同じなので効果が実感しやすく痛みが少なく安全制の高いものも多いです。受けたい時に気軽に手頃な価格で施術を受けられるのが美容ハイフのメリットです

   
Q.

副作用はありますか?

ハイフは施術の傷が残らず肌への負担も少なくダウンタイムがないと言われてます。赤みや浮腫みが一時的に出たり、筋肉痛のようなダルさが出る場合もありますが数日中にはひきます

  
Q.

ハイフの打ち放題とかショット数の多い宣伝をよく見ますが、少ないと効果ないですか?

たくさん打てるのは弱い出力のものなので、しっかりした出力で必要な分打てばそんなにショット数なくても十分効果が感じられます。どんなにショット数が多くても、高出力の医療用ハイフには劣ってしまいます。機械の性質で効果が変わってくるので、ショット数だけで判断はオススメしないです